解明が進んでいるうつ病の悩みは専門のクリニックで!

女性
  1. ホーム
  2. 珍しい病気では無い現代病

珍しい病気では無い現代病

カウンセリング

周りの人の理解も大切

たくさんの人が悩まされているうつ病は、今や珍しい病気ではありません。また、うつ病と一言で言っても、実は種類があるの知らない人も多いのではないでしょうか。このうつ病には一般的な症状のものの他に、最近多くなっている新型うつ病や双極性障害があります。一般的なうつ病の主な症状はストレスなどが要因となり、何も興味が湧かなくなってしまうことや、やる気が起きない状態が続いてしまうなどです。不眠や食欲の低下なども起きてしまい、中には引きこもり状態になってしまう人もいるでしょう。しかし、外見で分かるものでは無いので、他の人から見た時ただやる気が無い人と見られてしまう場合もあり、なかなか病気について理解してもらえない事もあります。また、最近では新型うつ病を発症する人が増えてきているでしょう。特に若い人にこの症状が良く見られる為注意が必要です。この新型うつ病は、うつ病が常に気分が落ち込みやすいのに反して、好きな事をしている時は特に問題が無いのですが、自分の嫌いな事をしている時に症状が出てしまうのが特徴です。その為、わがままな人と思われやすくなっています。その他、双極制障害は躁うつとも呼ばれ、気分が落ち込みテンションが低い状態があればその逆で、とても元気な状態になると言う二つの症状が出るのが特徴です。テンションが低い時と高い時の両方が症状として出てくる為に、周りの人も接し方に戸惑ってしまう場合があるでしょう。この他にもいくつか種類がありますが、症状の出方などにより、クリニックでそれに合わせた治療や薬の処方を行っています。また、この病気を発症している人に対してどの様に接すれば良いのか、時に周りの人も困ってしまう場合があるでしょう。テンションが低い状態の時に励まして良いのかなど接し方に戸惑いを感じる人も多くいます。この場合、気分が落ち込み元気が無いからと言って「頑張れ、頑張れ」と強く応援する事は禁物です。また、否定する事も止めましょう。落ち込んではダメだ、メンタルが弱すぎるなど否定する事で、さらに症状が悪化してしまう場合もあります。その為、否定はせずに出来るだけ肯定をして相手の気持ちや考えを受け入れてあげる事が大切です。接し方一つで症状を悪化させてしまう恐れもあるので、この病気に対して周りの人もしっかり理解する事が大切でしょう。もし身近にうつ病の症状が現れている人がいる場合は、正しい接し方をする事が大切です。この病気は現代病とも呼ばれる様に、今や多くの人がこの病気により苦しみ悩みを抱えています。少しでも症状を改善し、快方へ向かう為には精神科や心療内科など、専門のクリニックに通い適切な治療を受ける事が大切です。それと同時に、周りの人も理解を示し、病気を受け入れる事が大切になるでしょう。決して珍しい病気では無く、誰もが発症してしまう可能性がある病気なので、この病気について知識を深める事が大切です。そうする事で、もし身近な人が発症してしまった時に、きちんと対応する事が出来るのでおすすめです。また、自分が発症してしまうケースもあるので、最近なんだかおかしいと感じたら、出来るだけ早く病院に行く事をおすすめします。