解明が進んでいるうつ病の悩みは専門のクリニックで!

女性
  1. ホーム
  2. 正しい治療を受けるために

正しい治療を受けるために

医者

初診へ向けて用意しよう

ストレスは多くの人が抱える課題ですが、その度合いが大き過ぎる場合は、うつとなって出てくる場合があります。うつは初期段階で病院に通うのが重要ですから、治療を受ける準備として、先ずは通院先の精神科や心療内科を探しましょう。基本的に精神科は心の治療を主としており、うつによって何らかの病状が体に生じている時は、心療内科が適しています。例えば、心の落ち込みや悲しみが辛い時は精神科を探し、それらが元で下痢や頭痛に悩まされている場合は、診療内科を探すのが一般的です。どちらへ通う場合でありましても、予め医師へ伝えるべき事柄をまとめておきますと、スムーズに初診を受けられます。うつは通常の疾患と違って血液検査などで病状を視覚化できにくいため、医師の治療方針も患者の話を基軸に構築する傾向があるのです。ですから、現在どんなことで最も悩んでいるのか、特に改善したい病状をまとめておきましょう。もしも不眠状態が続いている場合でも、不眠を治したいのか、寝不足による胃腸不良、もしくは頭痛を改善したいのかなど、数ある症状の中で特に辛くて治したい事柄をハッキリさせておくのがポイントです。初診の当日、診察室で頭に浮かぶままに羅列した場合は相手へ上手く伝わりませんので、自宅などで事前に準備しておいてください。1番治してもらいたいことを浮き彫りにしますと、より的確な治療を受けられるのがメリットです。次に、現在に至る症状の経緯なども、まとめておきましょう。初診の時に記憶を探ったのでは、話している最中に色々な出来事がフラッシュバックして、話の内容が前後してしまうケースも少なくありません。それが2転3転した場合は話を聞いている医師も理解しにくくなりますから、前もって時系列に合わせて整理しておくのが肝要です。小さな原因の積み重ねでうつになったのか、あるいは1つの出来事が原因となって突発的に発症したかでも治療内容は異なるため、医師が正しく理解できるようにすることは、初診へ向けた大事な準備です。さらに、うつでは幼少期の経験が深く関わっていることも多く、生い立ちや子供の頃の家庭環境をはじめ、学生時代などの事柄などもある程度整理しておくと良いでしょう。一方、うつの症状がひどい時は仕事もままならず、そのことが原因で、家庭にも心の居場所が見い出せなくなるケースも見られます。状況的に仕事へも行けず、自宅に居ることも辛くなりましたら、その旨を医師に伝えて入院治療を申し込むのも1つの方法です。職場とも家庭とも1度完全に距離を置き、その上でうつ病の治療に集中することも、時には重要な手段になります。入院することで効率的に運動療法へ取り組めたり、カウンセリングも十分な時間を掛けて受けられたりするなど、各医療施設で充実した治療メニューが準備されているのです。現在通院している病院に入院病棟がない場合でも、原則として入院可能な他院を案内してくれますので、医師への申し込み方法も難しくありません。また自治体により、精神障害によるうつの入院治療に対し、医療費の助成制度を設けている所があります。入院費用の軽減につながりますから、申請可能な時はその準備もしておきましょう。この場合、役場の担当窓口へ医師の診断書や健康保険証など、必要書類を添えて申し込み、所定の基準を満たしていれば、助成を受けられる仕組みになっています。